システム部S・Y君
情報処理関連のテクノロジーに特徴的なことは、新技術が登場し、それが発展し、さらに陳腐化していくサイクルが極めて短いことです。当然のことながら、システム開発の仕事をしていると、否応なしにそれに追いついていかなければなりません。現在でも知識が追いつかずに毎日苦労の連続です。でも、何も知らないからこそ毎日の仕事の中で、必ず何か新しい発見に出会える喜びがあり、けっこう刺激的で楽しいというのも事実。何かわからないことがあったとき、先輩や上司に、すぐ「これがわかりません」といったのでは何も教えてもらえないのがミップスの特徴かもしれません。わからないときは、まず自分で調べる。それで調べても、調べてもわからなかったら誰かに聞く。そうすれば、先輩たちは疑問に答えてくれるだけじゃなくついでだからこれも教えてやるよと、親切丁寧に教えてくれます。自主性を重んじる社風とでもいうのでしょうか。そんなポジティブな社風がとても気に入っています。ただし、自由だからこそ、自己管理できない人はつらいかもしれませんね。あれやれ、これやれっていわれないから、自分から動かないと仕事にならない。上からの指示がないと仕事ができない人は、ミップスには向かないと思います。逆に、自分なりの目標を持って、しっかり技術を学びたい人には最高の職場だと思います。
   
システム部A・Yさん
システム開発関連の仕事がしたかった事と、教育制度がしっかりしているので未経験の私でも大丈夫と感じ、ミップス入社を決めました。入社してしばらくは、できあがったプログラムの走行試験をするためのシミュレータの開発などに携わっていましたが、現在は、Visual Basicのプログラマーとして、開発に取り組んでいます。システム開発という仕事は、計画を立て、それに従ってひとつずつ成果を積み上げていくのですが、それがすべて完了した時の達成感は何物にも代えがたいものがあります。プログラムのバグが取れず苦労するとこもありますが、それも開発中の小さなひとコマになってしまうほどです。自分もそうでしたが、未経験者が新しい世界へ飛び込む時、皆ある種の意気込みを持っていると思うのですが、それを空回りしない程度に持ち続けていくことは大切だと思います。ミップスは女性に優しい(?)会社ですから安心して来てみて下さい。
   
システム部H・N君
大学は経済学部だったのでコンピュータの知識はほぼゼロ。こんな自分が本当にエンジニアになれるのかという不安は少なからずありました。しかし、ソフトウェア関連企業の高い将来性を考えミップスを選びました。現在は、レガシーシステムをWeb化にするシステム開発のプロジェクトに携わっています。入社早々は緊張の連続で、仕事の内容もやけに難しく感じられ、ともすると自信を失いがちでしたが、上司や先輩の優しい指導もあり、徐々に緊張がほぐれ、仕事にも慣れてきました。でも、はじめて自分の手でつくったプログラムが動いたときはちょっと感動しましたね。1年が過ぎる頃には、時間の経過が早く感じられるようにもなりました。技術面のみならず、ミップスでは様々なことを学ばせてもらいました。例えば社会人になって、人と接触する機会が増えましたが、こうした場合の接し方を教えてくれたのは、やはり上司や先輩でした。そしてこのことが、自分自身の人間的な成長にもつながっています。今後も新しい技術を身につけることにより、さらに幅広い分野のシステム開発に携わることができたらいいなと思っています。